翻訳でオススメの会社

翻訳会社は数多くありますが、いい会社の一つに日本の技術・産業を正確に美しく翻訳するトランス・ジャパンがあります。
このトランス・ジャパンのいいところは翻訳者を選べることです。
翻訳とらいあるドットコム」という氏名発注サービスです。
翻訳会社に登録されている翻訳者や個人で会社に登録されている翻訳者をトライアル試験によって試し、選び、登録することが出来ます。
その為、依頼者の感性にあった翻訳者を選ぶ事ができます。
翻訳は意味的には同じですが、表現方法が翻訳者によって多少の違いは出てくるものです。表現方法に関しては個人の趣味や嗜好もあるものです。
その為こういった選べるサービスはいいものですよね。

また翻訳できる言語が多いのも特徴で、日本語・英語・中国語・韓国・フランス・ドイツ語など数多くの言語に対応しています。
またトランス・ジャパンの場合コストも安い事がいいポイントとしてあります。
その理由として、独自のデザインチームがあり、外注する場合と比較しコストを抑える事ができます。また同じチームで作業することにより、一貫性のある作業が可能になっています。
品質も向上しますし、完成度の高いサイトの作成の一因にもなっています。

特に会社のサイトの英語バージョンなどWEBサイトを作成する場合、有効な手法になっているようです。データはメールは宅配便などで送ることが可能になっています。
日本語と外国語では、文面の量が違いますので、同じデザインにするには難しい場合もあるのですが、オリジナルに近い構成にもしてもらえるようです。
デザインにも合わせた翻訳などしてもらえることは、非常にいいことです。
比較した場合、明らかに違うサイトになっていては違和感が出てしまいます。
その為、こういったサービスは非常に便利だと思います。

残念ながら個人での発注は無理とのことですが、今回飲み個人口座で依頼したい場合などは対応してくれるようです。
翻訳は海外など顧客の幅を広げていく上で重要なサービスです。
こういったサービスはやはり実績ある信頼のおける会社に頼みたいものです。

翻訳家と翻訳会社

翻訳家とは、文字通りに翻訳を行う職業に付いている人間の事を指します。
基本的に、個人で行っているのは翻訳家で、その翻訳家を一定数以上雇い会社として設立したのが翻訳会社となります。
一口で翻訳と言っても、様々な国の言語や、なんの媒体の翻訳をするかによって、難易度が全然違ってきます。
例えば、映画やドラマなどの映像作品を翻訳するのであれば、セリフだけを翻訳すれば良いのですが、小説や雑誌などを翻訳する場合は、表現している全ての表現を翻訳しなければいけない為に、難易度が高いと言えるのではないでしょうか。
そして、国が違えば、表現方法や考え方が全く変わっていく様に、言語の違いは国柄が出てきてしまうのです。
ですから、例えば英語を日本語に翻訳したいのであれば、英語だけを達者に使えても意味はなく、日本人に分かりやすい様に翻訳しなければいけないために、しっかりとした文章を作り出すだけの文章力も必要となってきます。
さらに、専門分野を翻訳したいのであれば、その分野を深く理解していなければ、難しいと言える様に、様々な事に精通していなければ、翻訳家として務まらないでしょう。
こう言った見解から、個人の翻訳家と言うものには限界があるので、翻訳会社などがあるのではないでしょうか。

映画や小説の翻訳

-

翻訳家や翻訳会社の仕事で、かなりの割合をしめるのが、映画や小説などの翻訳ではないでしょうか。
そして、小説や映画を翻訳する際に、タイトルの翻訳にも、力を入れる場合あります。
日本でも有名な映画で「Stand by Me」と言う映画がありますが、これは、直訳すると、私の側に立つと言う言葉になります。
しかし、この映画の小説における原題は「The Body」と言い、直訳すると、死体と言う意味になります。
これは、小説を映画にする際に、担当者が、「The Body」よりも「Stand by Me」の題名の方が、映画の雰囲気や、ヒットさせる為の題名として相応しいと判断した為だと思いますが、同様に、洋画を日本で公開する際に、邦題として変化させる場合もあります。
例えば、日本でもヒットした、「ローマの休日」などは、洋題ですと、「Roman Holiday」と直訳していますが、「ゴーストニューヨークの幻」と言った映画がありますが、これは、洋題では、「Ghost」となっており、「ニュー ヨークの幻」と言う部分は、日本のタイトルのみの表現となっています。
これも、担当者が日本で公開する際に、その部分を付け足す事で、映画の雰囲気づくりに役立たせ、集客に繋げる為に付け足して翻訳したと考えられます。
この様に、映画や小説を翻訳する際には、その土地柄でヒットさせる為に、言葉を付け足したり、違った意味を持たす題名に翻訳し直す場合もあるのです。